アフターサービス

印鑑業者を選ぶ場合、もう一つ考えておきたいポイントとなるのが、アフターサービスについてです。専門の印鑑業者である場合、販売したらそれで終わりというわけではなく、その後使用することができるようなサービスが用意されている場合が多くあります。ここでは、アフターサービスとして使用できる場合が多いものの一つとして「彫り直し」サービスに付いて紹介します。

印鑑というのは、変わらないものであることが基本的には重要なことです。しかし、例えば印鑑を購入したものの、実際に使用する前に何かその印鑑を使うことができないような問題が発生してしまう、という場合もないわけではありません。例えば出来上がりがイメージと違っていた場合や、結婚などによって苗字が変わってしまっているような場合です。印鑑というのは、もちろんものにも寄りますが、職人によって作製されるものは決して安いものではありません。そのことを考えると、そのまま使えないというのはもったいないものです。

そういったことを考えて、印鑑業者によっては購入から一定期間内の印鑑に限り、彫り直しを受け付けるサービスを行っています。いざという時に変更することができれば、使用できる可能性が高くなるでしょう。